身内や親族がなくなり、葬儀など故人とのお別れに一区切りがつくと、遺品整理という作業に向き合う必要があります。今回は遺品整理についての情報をまとめてみましたのでご紹介いたします。

 

  1. 遺品整理とは
  2. 遺品整理を家族で行う際のメリット・デメリット
  3. 遺品整理を業者に依頼する際のメリット・デメリット
  4. 遺品整理・大まかな手順
  5. 遺品整理まとめ

 

1.遺品整理とは】

遺品整理とは、ただ単に故人の所有物を廃棄し終わるではありません。亡くなられた故人宅に残された遺品すべてを仕分け・整理したのち、室内の清掃を行い原状復帰まで終え、同時に遺族の心の整理も行うのが遺品整理の定義です。かつては、葬儀やその他手続きで悲しみが癒されない遺族にとって大変負担が大きいものでした。しかし核家族が増えた現代では、遺族に代わって遺品整理代行業者が活躍し成長産業となっています。

 

2.遺品整理を家族で行う際のメリット・デメリット】

  • メリット

・業者に頼む必要がないので費用を抑えられる。

・遺族の手で丁寧に仕分けを行うことができる。

  • デメリット

・生活品を整理することで故人の思い出と改めて向き合う必要がある為、精神的負担を伴う。

・故人宅が賃貸だった場合、整理する期限が限られていることがある。

・金品分配などでのトラブルを避けるため、遺族全員で整理を行う必要がある。

 

3.遺品整理を業者に依頼する際のメリット・デメリット】

  • メリット

・遠方である、または多忙である遺族に代わって整理や面倒な手続きもスムーズに行ってもらえる。

・遺族の精神的負担を減らすことができる。

  • デメリット

・費用が掛かる。

・少子高齢化が進む現代においてニーズが高まっているため専門業者が多数あるが、信頼できる業者を選ばないと、遺品の分別や処分の際、貴重品の取り扱いなどでのトラブルが懸念される。

 

4.遺品整理・大まかな手順】

遺品整理を遺族で行う場合もプロに依頼する場合も、まずは遺品を必要なもの・不必要なものに分別する必要があります。

自家用車やバイク、自転車等はディーラーへ下取り依頼を出しますが、値段が付かない場合は廃棄手続きが必要となります。遺品業者なら面倒なこれらの手続きも代行してくれます。衣類・家具・電化製品などは買取に出すものと処分するものに分類していきます。ただし、故人宅が賃貸であった場合は、エアコンやトイレのウォッシュレットなど、前もって備え付けだったものを把握してから取り掛からなければいけないため、これらは事前に管理会社へ問い合わせが必要です。業者に依頼した場合、貴重品とされる現金、通帳、印鑑、証券、貴金属や契約書などは厳重に管理され依頼主へと渡されます。

 

5.遺品整理まとめ】

年齢を重ねると、身内の不幸に会う機会も増えるのが生きる者の定めでしょう。故人の死を現実として向き合わなければいけない負担は計り知れません。しかし、遺族の心の整理を行うのが最大の目的であるとともに、遺品整理は故人の供養にもあたるとても大事な行いであることを心に留めておきましょう。

 

【遺品整理の内容を勉強したとき】

インターネットで検索するとたくさん業者がでてきますが、その中で信憑性があるサイトは多くありませんでした。唯一参考になったサイトがあり、ブログも細かく丁寧に記事が書いてあったので皆さんも参考になると思います。

遺品整理を考えたときに参考になったサイト:遺品整理